2009年 04月 18日
Miroir Quintett  続き
c0155687_15225877.jpg


c0155687_15231446.jpg











 
前回、初めて舞台の撮影をさせていただいた時は
「遠すぎ!!暗すぎ!!動き早っ!!!」

                           ・・・・・惨敗・・・ (;_ _)ノ 撃沈


猛省をし、今回は「リハで撮れるだけ撮ってしまえ!」

                           ・・・窮余の一策・・・ (^^;


出演者の方にはリハから正装していただき申し訳ございませんでした
感謝感謝ですペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ

演奏中の接写もでき、本番では絶対に撮れないアングルでも何枚も撮り
フンフン♪ いい感じかも?( ̄  ̄)………( ̄∇ ̄)ニヤッ 



そして本番

なんと今回は新たな敵がいた

それは・・・「シャッター音」  「舞台ではなく自分の足元、手元の暗さ」


今回の舞台は静かな空間が演出されていたシーンが多く 観客の咳払い一つが会場に響くほど
足音も当然響いてしまうので、パンプスを脱いで裸足で動き回った(もちろん抜き足差し足忍び足)

でも・・・「今、撮りたい!」って瞬間が、静か過ぎてシャッター切れない!!


演出の関係上、非常灯までも消された観客席の足元は何も見えず何度も段差につまずいた
(後から見たらストッキングがビリビリ破けていてこの日は裸足で帰りました( ̄▽ ̄;))
手元すらよく見えず、レンズカバーを落としてしまい「カランカランカラン!」という音を会場に鳴り響かせてしまった・・・

「舞台を上からも撮りたい!」と
照明器具を設置する場所も登れるように、申請書を出してまで許可をいただいたのに
この暗さであんな高くて手すりのない場所に行ったら確実に転落死  こえー


結局本番はまた撃沈・・・でした llllll(-_-;)llllll


でも今回はリハで沢山撮ったのでなんとかなるだろう!
なーんて前向きな気持ちで現像を始めたら・・・思っていたよりブレやノイズが目立つ
やっぱり照明は本番とほぼ同じだったし、ISOをかなりあげていたから仕方ないのかなぁ

・・・ハッ Σ(`ロ´;) !! ここで気付いた


リハはストロボ使ってよかったんじゃん!!



ああああああああああああああああああああああああああああああ

私の大バカモノォォォォォォッ 。・゜゜・(_≧Д≦)ノ彡・゜゜・。



何度失敗したら「成功」があるんだろう・・・( ┰_┰)


[PR]

by yumiko-shiba | 2009-04-18 16:19 | スナップ


<< break time      呼吸する空間Ⅱ >>